Surprise FOOD

新ブランドの創造!新産業の創造!

2018/2/13
Surprise FOOD プロジェクト 2018
2月全体会/イベント出展の感想と改善会議

伴支連,望月聖司

ネオ焼津プロジェクトで
ふじのくに総合食品展示会(静岡市)、
静岡おみや首都圏商談会(秋葉原)と
2つの展示会へ出展しての感想と次へ向けての
改善点やプロデューサーの望月聖司からの
アドバイスをする全体会。


従来にない新規につながったと三洋食品さん

ツナのリエットを出展した三洋食品さん。
これまで取引のなかったベーカリー分野などの
新規につながっているとのこと。

「パンをおいしくする」というコンセプトを
受け入れてもらえたようで、
静岡より東京の方が引き合いが強かったそうです。

パンのファンは多いのに、
塗って楽しむものがまだあまりない。
でもクックパッドなどでは主婦がサバや
サーモンを使ってリエットを手作りしている。
そんなライフスタイルへ合わせた提案が
求められていることを実感したもよう。

今はネットコミュニケーションの時代。
メニュー提案だけでなく、
塗って焼いたらどうか?なども検証し、
ネットを使ってコアなクラスタ(集団)へ向けて
情報を発信していくことなどを
アドバイスさせていただきました。


東京での反応の良さに驚いたという岩清さん

ワインに合う女性向け新サバ商品を出展した岩清さん。
馴染みのない商品でしかも高級品のせいか、
静岡ではあまり手ごたえがなくがっかりしたそうですが
東京では一転して大盛況。

パッケージの斬新さに「これは輸入品ですか?」
と驚かれ、さらに食べてびっくり!という反応で、
ブースに人が途絶えなかったとか。

「パッケージの商品名をもっと大きくして
目立たせてほしい」とリクエストがあったそうですが、
それはやめた方がいいとアドバイス。
全体のバランスを見てデザインしてあり、
文字を大きくするとオシャレさがなくなり、
逆に目立たなくなってしまうからです。

また、ビジネスは成長を始めた時に覚悟がないと
中途半端になり失敗する確立が高いという話や、
取引先は共に商売を発展させるパートナーであり、
こちらが必要以上にへりくだる必要はない。
プロとして対等に渡り合うのが大事、
などの話をさせていただきました。


「FOODEXまでに食べ方提案のツールを作ります」と焼津冷蔵さん

穴子トルティーヤを開発していた焼津冷蔵さん。
展示会では中身の穴子芯を出展したところ、
「トルティーヤはないのか?」
「すぐに売れるものがほしい」と言われたとのこと。

ネオ焼津はもともと、最終商品を開発し、
B to C商品を求める人が来る展示会へ
出展する支援事業。
穴子芯のように加工が必要なB to B商品の場合は、
スーパーマーケットトレードショーなどの方が
向いていると言えます。

3月のFOODEXまでに
最終商品を作るのが難しいのであれば、
穴子芯のさまざまな使い方が
バイヤーさんに伝わるツールを作ったり、
アンケートに答えた人には試供品を配るなどの
工夫をした方がいいのでは、とアドバイス。

FOODEXは新しいものを求める人が集まる場所なので、
先に革新的な提案で興味を引き、
次に伝統の裏付けで信頼を得ることなどを
お話させていただきました。

煮こごりジュレを出展したはの字食品さん。
本日の会議は急用で欠席でしたが、焼津市を通し
「日常品のスーパーより高級スーパーや
通販の反応が良かった。FOODEXに向けて、
希望価格に見合うよう
もう少しパッケージに高級感を出す。
3種の商品ごとにさまざまなレシピ提案をサイトに
アップし、チラシにQRコードを入れて紹介する。
3種セットを用意する」
などに取り組むと報告がありました。

万能調味料のような商品は、
パッケージだけで魅力を伝えるには限界があります。
ネットコミュニケーションで伝える環境を整え、
活用すること。それが消費者が買うための苦痛や、
バイヤーさんが仕入れるための苦痛を
取り除くことになる、などの話をさせていただきました。


「生徒にとって良い経験になった」と焼津水産高校さん

また本日は、岩清さんや焼津冷蔵さんに
アイデアを提供して共同開発をした焼津水産高校の
久保山先生も出席。

「今回のコラボで
商品開発をやりたいという生徒も出ており、
向上心につながったと思う」と感想をいただきました。

商品開発は楽しいもの。でも社会に出ると、
開発に携われる機会はそう多くありません。
開発をやらせてもらえるのは、成長しようとしている会社。
ネオ焼津に参加しているのは、そんな会社さんたち。

入社後も生徒さんたちが成長できるような
会社を見つけるためのコラボとして役立ててほしい、
というお話をさせていただきました。

来月は幕張メッセ「FOODEX JAPAN」への出展。
そして市長への報告会で事業終了です。
1年の取り組みを自信を持ってお披露目できるよう、
ラストスパートをがんばっていただきたいと思います。


(MIKI)