Surprise FOOD

新ブランドの創造!新産業の創造!

2017/12/7
Surprise FOOD プロジェクト 2017
12月全体会/フェア出展セミナー

ネオ焼津プロジェクトの12月全体会を開催。
来月から始まるフェア出展に臨んで、
本日はフェア出展セミナーです。

❶準備…顧客イメージ、実践フロー、ブース設計、
販促ツール、実演方法、ロープレ、事前告知
❷実践…声かけ、商談、会場調査、競合調査
❸検証…名刺の整理、見直し改善、その後の展開
などについてお話しました。

食品メーカーさんでも、
意外と出展経験が少なかったりします。
ましてFOODEXの様な巨大イベントはなおさら。
「こんなブースは良くない」事例に
笑い声が起きたりしながら、
皆さん熱心に聞き入っていました。


メモを取りながら真剣に話を聞く岩清さん

その後は、前回の試食会を受けての
見直し改善をした試食とディスプレイの確認です。


洋風さば商品に合わせパンやワインを飾った岩清さんのディスプレイ

岩清さんには、
テーブルクロスに柄があると目が散るため
紺にするかテーブルセンターを敷く、
お皿に盛るイメージができるよう盛り付けする、
などをアドバイス。


はの字食品さんの「煮こごりジュレ」ディスプレイ

はの字食品さんには、
プレーン、柚子、マスタードの
3種類の商品に合わせてスタンドも3つ用意し、
それぞれパッケージと同じ
赤、黄色、茶色と分けて並べる、
説明カードもパッケージと色を合わせる、
などをアドバイス。


焼津冷蔵さんの穴子芯を使ったトルティーヤの試食

焼津冷蔵さんには、
トルティーヤをカレー味、バジル味、蒲焼味の
3食セットパックにするなら、
見た目や食感が変わるように野菜もそれぞれ変える、
断面をオシャレに斜めにする、
「穴子なのに洋風」がインパクトなので
洋風のお皿などでオシャレにする、
卓上に既存商品のパンフは置かない、
などをアドバイス。


三洋食品さんは3種類のリエットごとにパンを変えて試食

ツナのリエットを出展する三洋食品さんには、
籠にパンを飾るなど、石窯焼きのパン屋さんのような
オシャレだけど親しみやすいディスプレイにする、
などをアドバイス。


事業者の皆さんも真剣にプレゼン

また、味覚音感を使い
「3種類のパンの違いを出すなら
イングリッシュマフィンよりベーグルの方がいいかも」
など、味、食感、素材の改善点などを
提案させていただきました。

次回は、トークスクリプトの指導などを行います。


(MIKI)