Surprise FOOD

新ブランドの創造!新産業の創造!

2017/11/2
Surprise FOOD プロジェクト 2017
試食会/4社のブランド提案と開発製品の試食

ネオ焼津プロジェクトにて
焼津公民館で、市の職員などを招き試食会を開催。
今年は講座を受講してくれた
焼津水産高校の皆さんも参加し、賑やかです。

最初にプロジェクトに参加の事業者さんから
取り組み内容について説明。


各事業者さんによる取り組み内容の説明

その後、プロデューサーの望月により、
各社の事業ブランドロゴや商品アイデンティティ、
パッケージ提案のプレゼンテーション。


ビジネスプロデューサーの望月がロゴやパッケージデザインを提案

三洋食品さんには、
以前開発した「フルーツナ」と関連性を出し
「リエッツナ」というネーミングで、
缶詰売場で目立つ雑貨感覚のパッケージを提案。


三洋食品さんのブランド「リエッツナ」と商品パッケージ

はの字食品さんには、
革新のブランドとして自社開発している
「ねりもん」ブランドのひとつとして、
伝統的だけど新しく、トロッとおいしい
シズル感を感じさせるロゴマークなどを提案。


はの字食品さんのブランド「hanoji no 煮こごりジュレ」と商品パッケージ

岩清さんには、
サバ好きな人を擬人化した
「サバ好き女のサバリアン」というネーミングで、
鯖一筋に歩んできた企業が次世代を担う
革新のブランドとして提案。


岩清さんのブランド「サバリアン」と商品「サバマリネード」など

焼津冷蔵さんには、
穴子の「穴」をモチーフにインパクトを与え、
「ヤキレイ」を記憶化させる提案。


焼津冷蔵さんのブランド「ヤキレイ 穴子クレープ」と商品パッケージ

その後は、みんなで試食です。
「こうやって食べたい」
「サバのイメージが変わった」など
さまざまな感想が寄せられました。
今後の製品開発の参考にさせていただきます。


試食品の前にブランドロゴやパッケージデザインを並べ、
ターゲットや使い方をイメージしてもらいます


高校生も真剣に試食し、アンケートを記入してくれました


(MIKI)