Surprise FOOD

新ブランドの創造!新産業の創造!

2016/1/24
Surprise FOOD プロジェクト 2016
山一園製茶さん/洋食をおいしくする緑茶開発

自社店舗で緑茶を販売する製茶問屋。

昔ながらの緑茶ファンが高齢化し、
このままだと減少してしまうことに危機感を感じ、
新規で若い世代を取り込む商品開発をしたいと、
平成26年度ネオ焼津プロジェクトに参加。


ご夫婦で取り組まれた山一園製茶さん

ここで望月と出会い、緑茶産業を取り巻く状況や
5C戦略に基づいた市場調査を行い、
どんな可能性がありそうかイメージを共有。


緑茶の現状と可能性などを分析

コーヒーや紅茶にはできず、
緑茶にできることは何か?
それは食事の味を邪魔せず
スッキリ切り替えたりおいしくすること。

そこで、「洋食をおいしくする緑茶」
開発に取り組みました。


試食会ではディスプレイやコスチュームにもこだわりました

当初は社長お一人での参加でしたが、
途中でたまたま参加した奥様が
「ハーブやドライフルーツをブレンドした
洋食をおいしくする緑茶」という
望月の戦略を聞き興味深々。

もともとハイセンスな方で、自分の個性を発揮し、
「ドバイでも売れるブランドに育てたい」と
最高級素材や洗練された茶器、人気のスイーツ、
洋食メニューなどを取り込み、
山一園製茶の新事業となる土台を創り上げました。


プロジェクト終了時、焼津市長へ取り組みを報告

この緑茶は、日本茶AWARD2015
ナチュラルフレーバー部門審査員特別賞を受賞。

このプロジェクトで開発した
洋食をおいしくする緑茶「Scent of TEA」は
奥様のブランド。

その後、ご主人のブランドとして、
緑茶本来の味を楽しむ「山一園茶楽助」を開発。

二人三脚で
新しい緑茶ファンの獲得に取り組んでいます。


洋食をおいしくする緑茶ブランド「Scent of Tea」と商品「彩食香茶」


ギフト用パッケージ


ご主人のブランド「山一園茶楽助」と商品パッケージ


(MIKI)