Surprise FOOD

新ブランドの創造!新産業の創造!

2018/1/12
Surprise FOOD プロジェクト 2018
豚肉ブランド会議/情報の拡散と集中

富士農場サービス 桑原さんの豚肉を
ブランディングするためには何が必要か、
プラットホームサービスの役割と
必要性などを知っていただく会議。

豚肉といった一見普通に見えるものは、
お肉だけ見せても良さは伝わらない。また、
販売サイトでどんなにこれは良い商品だと訴えても、
売りたいがためにそう言っていると思われてしまう。

桑原さんのように、
ちゃんとした考えと優れた技術があり、
良いものを作っている人ほど売るのが難しく、
情報発信をするコンテンツマーケティングサイトが必要。

また、中小企業の基本戦略は、
高付加価値、高単価、小ロット生産だが、
半径10km以内にそんな特殊な商品を
欲しがる人が何人いるか?を考えると、
リアル店舗で売ろうとすると厳しい。

だからネットショップで販売する必要があるが、
自分一人でサイトを作っても
存在を知ってもらうのが大変。
かといって大手モールに入ると
膨大なショップの中に埋もれてしまう。

だからプラットホームサービスによる、さまざまな
関連窓口から導いてもらえるしくみが有効、
などというお話をさせていただきました。

品質PRや自社商品のレシピ提案だけの時代は終わり、
今後は、どんな豊かな生活ができるかを複合的に
提案するライフスタイル提案が求められます。

プラットホームサービスによる
情報の拡散と集中で、
どんな新しいポークライフを
提案できるかに取り組んでいきます。


(MIKI)